武大カルテット(国際武道大)で大学選手権優勝へ

この記事は2分で読めます

11日から始まる大学選手権
ドラフト注目の選手たちが
集まります

その中でも140キロ台の速球を
投げるピッチャがーが4人も
いるのが国際武道大

昨年は惜しくも準優勝
今年は優勝とドラフトへ向け
アピールの場

武大カルテットの4人について
詳しく見て行きましょう

【スポンサーリンク】

 

武大カルテットの4人とは

引用元 週刊ベースボールオンライン

伊藤将司177cm82kgの最速144キロ左腕
青野善行180cm73kgの最速148キロ右腕
平川裕太171cm72kgの最速147キロ右腕
林桂大 175cm72kgの最速148キロ右腕

4人もが最速140キロ越え
4人が最上級生で初優勝を狙うという
すごいピッチングスタッフ

コレなら優勝できそうだし
ドラフト戦線にも浮上間違いなしかな

【スポンサーリンク】

 

実践派144キロサウスポー伊藤将司とは


武大カルテットの4人のエース格なのが
伊藤将司くんで、2.3年次には
ジャパン代表にも選出

高校時代も横浜高校で甲子園出場
今大会次第ではドラフト候補として
評価が高まるかもしれませんね

ただ、肘の違和感があるとのこと
その点だけが気がかりですね

 

天性のバネが売りのMAX148キロ右腕青野善行とは


大きな体を生かしての最速148キロを
誇る本格派右腕の青野善行くん

高校時代(市立船橋)から注目され
体のバネなど身体能力の高さも評価

伊藤くんに次ぐ2番手として大学では
活躍中!全国の舞台で羽ばたけるか
非常に注目です

 

MAX147キロを誇る2人の控え平川裕太・林桂大とは



上が平川裕太くんで下が林桂大くん

こんな速球投げるピッチャーが
3.4番手というのだからすごすぎ!

2人とも体はそう大きくないが
このスピードのストレートは
非常に魅力的!

今後の活躍次第ではドラフト指名
プロ入りも夢ではないのでは
ないでしょうか

 

オレ流まとめ

引用元 週刊ベースボールオンライン

現時点では伊藤くん青野くんは
プロ志望届けを出す予定らしく

平川くん林くんも今後次第では
プロ入りを決意するかも

そうしたら4人もの投手が
ドラフト指名という快挙
見られるかもしれませんね

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA