星野2世 引地秀一郎(倉敷商)見たかったけど決勝進出ならず

この記事は2分で読めます

故星野仙一氏の後輩で星野2世と
評判の引地秀一郎くん

今回春季中国大会が山口で開催
今日は決勝!生で見れるチャンス

だったが、、、
残念ながら準決勝で敗退

闘志を剥き出しにして投げ込む
引地くんとはどんな投手なのか
見て行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 

MAX151キロ岡山の怪物 引地秀一郎

186cm82kgと大きな体を生かして
最速151キロのストレートを武器に
力投する右の本格派

高校の森光監督からは
「日本で1番速いボールを投げろ」
と言われ、

本人もストレートで押していく
豪快なピッチングを目指している
ようで、非常に楽しみな選手です

【スポンサーリンク】

 

燃える男を継ぐことはできるのか

引用元 朝日新聞デジタル

投手としてのポテンシャルはもちろん
そのハートの強さも持ち味で
星野2世とも言われている所以ですね

もし星野さんが存命だったら
楽天の副会長として直接視察しての
ドラフト指名ということになったかも
しれないですね

すでに阪神がドラフト上位でリストアップ

引用元 SPORTS BULL

星野さんつながりで出た情報でしょうが
実際のところは、かなりの球団が
リストアップしているのでは?

11月に骨折した足の状況は気になるが
春季中国大会も投げているので
これから夏に向けて状態が上がれば
もっと注目されるのではないでしょうか

オレ流まとめ

引用元 SPORTS BULL

ストレートに威力がある本格派は
やはり魅力がありますね

またピッチャーで大事なハートの強さ
コレを持ち合わせているのも魅力

今回は生観戦できませんでしたが
夏の甲子園では、ぜひ生で見てみたい
そう思っています

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA