甲斐野央MAX159キロのストレートで東洋大優勝へ

この記事は2分で読めます

ココにきてプロの注目が上がっている
甲斐野央(かいのひろし)くん

昨日の亜大戦で7回から無失点救援
今日の亜大戦勝てば優勝!

今日もリリーフで活躍を見せるのか?
最速159キロ右腕甲斐野央くんとは
どんなピッチャーなのか見ていきたい
と思います。

 

【スポンサーリンク】

 
 

甲斐野央くんとはどんなピッチャーなのか?

名前が読みにくく、「かい」くんかと
思いきや「かいの」くんが正解(笑)

185cm75kgと恵まれた体からMAX159キロ
ストレートで昨年秋に急成長

奪三振率も高く、なんといっても
ストレートの速さはピカ1

それに加え130キロ後半のフォーク
この速さでは大学生では簡単には
打てないでしょうね

 

【スポンサーリンク】

 
 

MAX159キロのストレートはリリーフ向きなのか

引用元 BASEBALL GATE

大学のリーグ戦でも主にリリーフ
2イニングくらい投げる機会が多い

球が速い=リリーフピッチャー
というイメージどおりの投手だと
言う印象を受けますね。

ストレートの速さに高速フォーク
DeNAの山崎でダブりリリーフ向き
そんなタイプのピッチャーですね

 

プロの評価は?プロでどんなタイプの投手になるのか

引用元 ミドルエッジ

スカウトの評価は軒並み高評価
ストレートの速さが特に注目されて
いるようです。

プロでは、リリーフとして
先ほども書いたDeNAの山崎タイプ

スカウトのよっては
大魔神佐々木2世になれる!
そう言ってる人もいますからね

オレ流まとめ

引用元 開運ちゃんねる

この記事を書いている段階では
東洋大の優勝は決まっていません(笑)

優勝して、大学選手権で活躍
大学生ジャパン入りでプロ入りと
なるか?

まずは、今日の試合に注目です
(敵は、、、雨だったりして)

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA