ロッテ最大の補強はドラフトでも外国人でもなくZOZOへの身売りだ!

この記事は2分で読めます

昨日のツイーターやニュースで賑わってる
ZOZO前澤社長の球界参入発言だが

新規参入なのか既存球団買収なのか?
まだ未知数のところも多くあり
懐疑的なファンも多くネットでも
あれこれ論争されていますよね

最近ろくな補強をしないロッテ球団
ZOZOへの身売りが最強の補強といわれる
その理由について見て行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 

井口新監督には目玉外国人補強なし

引用元 BASEBALL KING

新監督には、がんばって欲しいので
昔は目玉外国人のプレゼントがありました
(結果は別物として、、、)

有藤監督にはメジャー4回の首位打者
マドロックを1億4千万円で

八木沢監督にはメジャー通算134本塁打の
メル・ホールを2億2千万円で

西村監督には金泰均を、ブーブー言ってた
伊東監督にもデスパイネとそれぞれに
けっこう奮発していた

しかし、、、井口監督にはそれがない
というか、しないだけなのか

大砲抱えた相手チームに竹やりで戦え!
と言っているとしか思えない

【スポンサーリンク】

 

補強はドラフトだけ?

引用元 BASEBALLKING

外国人補強はイマイチ、FAも興味なし
戦力外の選手でお茶を濁し

唯一の補強はドラフト頼りとは、、、

結果的にココ数年で見ると松永、田村
石川、井上、二木、中村、平沢、有吉
藤岡裕とまずますの結果

これでこけていたら笑うしかなく
スカウトのがんばりには頭が下がります
 

ロッテの球団を持つ意味はもうない

引用元 au Webポータル

昔は日本での成功のステイタスシンボルで
球団を持ち、ロッテと言う名前をしらない
人にも充分に浸透してきています

ましてや韓国ではオーナーは実刑をくらい
そんな環境で日本でプロ野球球団を持つ
のはおかしいとオレは思います。

やる気のある経営者に身売りするのが
一番いいのでは、もうロッテの役割は
プロ野球界では終わったと思います
 

オレ流まとめ

引用元 BASEBALL KING

お金のある球団はお金をかけて強くなり
広島、日ハムは戦略で強くなり

なにもしないロッテは先細り状態
優勝しないで3位くらいでまあまあ
よくやったねと言って年俸微増で
よしとしている

もうやる気がないのは周知の事実!
ロッテ最大の補強身売りを希望しますね

まあ、そうなったらロッテじゃないので
ロッテ最大の補強と言わないか^^

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA