根尾昂100回記念甲子園大会で更にプロの評価を上げるのか

この記事は2分で読めます

根尾昂くんは投手、内野手、
そして外野手の三刀流

あなたなら、どう使いたいですか?

100回記念甲子園大会で
どんな活躍をするか


投手なのか打者なのか?
その適正はいかに?

そのあたりを探って行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 
 

MAX148キロはプロで投手として通用するのか

177cm 76kgと、それほど大きくはないが
MAX148キロのストレートはノビがあり
スライダーのキレも抜群!

打てるもんなら打ってみろ!
といわんばかりに向かっていく姿勢
コレすごくいいですよね!

充分、プロでも通用すると思いますが
もう少しコントロールをよくしないと
身体能力の高さだけで今はやっている
そんな感じもします
 

【スポンサーリンク】

 

左打席から広角に長打を飛ばす打撃の評価は

中学時代にスキーとの二刀流のおかげか
体幹が鍛えられているので
あのフルスイングがあるんだと思います。

ホークスの柳田もそうですが
なかなか、あそこまでフルスイングできる
高校生はいないですよね。

ただ、フルスイングの影響か?
ミスショットも多い気がします

そのあたりを修正していけば
アベレージも残すバッターになりそうです

 

野手ならショートそれとも外野?

甲子園では、ショートを守る機会が多く
見ていて思うことは、派手で華がある
絵になるショートそんな印象ですね。

逆に言えば堅実な守備という印象がない
内野の要ショートは守ってナンボという
見方もありますからね

個人的には、肩、足を生かして
外野手として育てるのがおもしろい
そう考えますね

 

オレ流まとめ

引用元 Desafio

どっちも捨てがたいのが正直なところ
ただ、コレくらい投げられるピッチャーは
正直な話、ほかにもゴロゴロいる。

あれだけフルスイングできるバッターは
なかなかいないのが現状

バッターとしてプロ入りしてほしいし
守備はまずは、ショートからやれば
いいのではないでしょうか

どっちにしても、夏の甲子園でわれわれを
迷わすだけの活躍をしてほしいものですね。

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA