MAX150キロ超え投手は幻想か?その真実とは

この記事は2分で読めます

この時期になるとMAX150キロ超え投手
高校野球からもぽつぽつ出てくるし

ちょっと前の大学野球選手権でもそう
今日から始まる都市対抗でも出るはず

しかし本当にプロでガンガン150キロ連発
そんなピッチャーは少ないのが現実

みんなが持ってしまうMAX150キロの幻想
その真実を探って行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 

MAX150キロの意味するものとは

引用元 アノ人の現在

MAX150キロってよく言いますが実は
1回でも計測すればMAX150キロ投手
めでたく呼ばれるようになります

実際、今日時点で今年のドラフト候補で
MAX150キロ超えしているピッチャーは
高校生で5人、大学生では43人もいる
社会人で14人、計62人もいるのだ!

147キロ~149キロの予備軍まで入れると
相当な数になってしまう

日ハムの斉藤佑樹もMAX150キロ右腕
彼が言っていたのは、1度でも出せば
MAX150キロ投手と呼ばれるから
150キロを1度でもいいから出したいと
そうして見事クリア!

だが、今の斉藤佑樹をMAX150キロの
速球派のピッチャーだと思う人は
いるのだろうか?

【スポンサーリンク】

 

MAX150キロ超え投手に抱いてしまう幻想とは

たぶん150キロを超えるストレートで
三振バッタバッタ奪い完投してしまう
そんな投手をイメージしている人が
多いのではないでしょうか?

そんな投手は今まで見た中では数少なく
大谷、ダルビッシュ、松坂、伊良部
などを思い浮かべてしまう。

なのでMAX150キロ超え投手現るとなると
そんな幻想を抱いてしまうのでは
 

あれ?150キロ出ていない

引用元 Number Web – 文春オンライン

実際にMAX150キロを出すピッチャーも
先発の時は140~145キロくらいが主で
ここでと言うときに150キロ出すという
ピッチングをします

なので前評判でMAX150キロって言って
期待してみたら、あれ142キロ。。。
ってことはよくあることです。

MAX150キロ=常時150キロのストレート
と言うわけではないと言うところを
マスコミのMAX150キロに踊らされて
期待してしまっているというわけです
 

オレ流まとめ

引用元 関西エスアンドエー

球場のスピードガンの計測も正直な話
まちまちなのは事実

ある球場は球速表示が出やすい!
なんていうこともありますから。

ただ、球の速いピッチャーと言うのは
やはり魅力があるのは言うまでもなく

幻想を抱かすのではなく本当の意味で
MAX150キロ投手出てきて欲しいですね

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA