杉山晃基(創価大)は160キロが出せる逸材なのか

この記事は2分で読めます

リーグ戦では無敗の王者の杉山晃基くん
6月の大学野球選手権の全国の舞台では
7回5失点と散々な出来の全国デビュー

しかし杉山晃基くんのストレートは
MAX154キロと他を圧倒

本人は160キロを出すと言っているが
果たして160キロ出せる本物か?
探って行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 

杉山晃基くんは、どんなピッチャーなのか

183cm88kg最速154キロの速球が武器の
右の本格派のピッチャー

投げっぷりが非常に良いピッチャーで
大学では3年から負けなしの15勝
防御率も1点台と無双状態

しかし全国の舞台では2年秋3年春と
3試合19回で7失点と結果はイマイチ

ただそのストレートの速さは魅力的で
160キロの可能性を秘めた投手だと

【スポンサーリンク】

 

5球団競合の先輩田中正義と比べてみると

引用元 Number Web

5球団競合でホークスに入団した田中
2年生からデビュー3年の時は12勝0敗
4年の時は肩の故障から1勝止まり

なんといっても最速156キロの速球が
魅力で、ドラフトの目玉になった

数字的なものは杉山晃基くんは
先輩田中正義とそん色ない

しかし、全国レベルや国際大会での
成績はその名を知らしめた14年には
150キロオーバー連発で4勝

同じ年のハーレム国際大会でも
防御率0.00で1勝と抜群の成績
この点では先輩田中には勝てていない

ただ田中は高校時代からケガが多く
積んでいるエンジンが大きすぎて
体に負担がかかり過ぎという人も

その点、杉山晃基くんはこれまでで
大きなケガがないのは良いところ

まだ3年生なので、これから次第で
先輩田中正義に追いつけ追い越せるか
楽しみですね^^
 

杉山晃基くんは果たして160キロ出せるのか?

引用元 Yahooニュース

日本人では大谷翔平の165キロが最高
あとは161キロの由規(佐藤由規)
160キロの藤浪晋太郎の3人だけ

杉山晃基くんは、目標に160キロを
挙げている。そのポテンシャルから
160キロの可能性はある

ただ、スピードは投手には魅力だが
全国で勝てないと言うのは変化球や
牽制、フィールディングなども
きちんとやっていかないとダメだし
トータルで凄いといわれる投手
なって欲しいですね
 

オレ流まとめ

引用元 Number Web

大学の先輩は田中正義だが
盛岡大付属高の先輩は松本裕樹

ともにMAX150キロ超えのピッチャー
高校時代は1年違いなので近くで
見ていたと思うのでその点も
恵まれていたともいえるでしょう

ともにホークス1位指名ですが
2019ドラフト候補の杉山晃基くん
来年が楽しみですね

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA