結城海斗16歳ロイヤルズと契約 中卒メジャーリーガー誕生か?

この記事は3分で読めます

七夕のきょう、驚きのニュースが^^
結城海斗投手ロイヤルズとマイナー契約

まだ中学を卒業したばかりの16歳
日本の高校などでアマとして実績なし
プロ野球を経ずに異例のメジャー挑戦

果たして結城海斗くんは成功できるか
今までの歴史からどうなるか?
占って行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 

結城海斗くんとはどんなピッチャーなのか

動画無いかと思ったらありましたね^^
最速は141キロと16歳では凄いが
体重は67kgとまだまだ体は発展途上

見た感じは球速いしオレが高校の
監督なら欲しい素材だし、中学時代は
河南リトルシニアに所属で活躍

また日本代表としても活躍するなど
実績も充分で大阪の名門強豪高校から
スカウトされるも進学せずに今回の
メジャー挑戦

普通は甲子園目指してがんばる年頃
それをせずにかなりレアな挑戦とは
恐れ入りました^^

【スポンサーリンク】

 

プロ野球を経由せずメジャー挑戦した選手とは

プロ野球を経由しないでメジャー挑戦
それをした選手の中で今回の結城くんの
例に参考にしうる2人の選手はと言うと

◆田澤純一

引用元 斜め上からこんにちは

新日本石油ENEOS(現JX-ENEOS)のエース
として2008年都市対抗野球優勝に貢献。

ドラフト1位候補だったのがなんと
メジャー挑戦を表明しレッドソックスと
3年総額330万ドルでメジャー契約。

プロ球界を経ず直接メジャー契約した
史上初の日本人選手になり今年で8年目

主にリリーフ、セットアッパーで
昨年までで、20勝88ホールドと
成功した例だといえるでしょうね

◆鈴木誠(マック鈴木)

引用元 日々タウロス

滝川二高を1年で中退と結城海斗くんと
近い例になりますが5年間の独立リーグ
マイナー生活を経て96年にメジャー昇格

4球団でメジャー通算16勝31敗
その後ドラフト指名でオリックスに入団
オリックスでも2年で5勝15敗と振るわず

正直成功例とは言えないかもですね

田澤は、社会人でも実績があったし
そのまま日本プロ野球にはいっても
活躍できたと思います

しかしマック鈴木は実績なしでの
メジャー挑戦でメジャーに昇格したのと
16勝したことは認めますがやはり
実績なしでのメジャー挑戦は厳しい
そんな印象を受けますね
 

日本人メジャーリーガーが活躍する最善ルートは

引用元 コジテク

日本人メジャーリーガーとして成功
それは日本のプロ野球で活躍してから
メジャー挑戦するのがべターかも

大谷も高卒でメジャー挑戦を宣言するも
日ハムに入団しましたが、結果的には
正しい選択だったし

イチローや松井の例を出すまでも無く
成功例は多く、結城海斗くんも
このパターンがよかったのではないか
そう思えてなりませんね
 

オレ流まとめ

引用元 富山の高校野球ツイッター

正直このニュースはビックリです!
メジャーは大きなピラミッドの頂点

目指すには最高の舞台ですが
中卒でのこのメジャー挑戦の決断
かなり厳しい道のりになるのは確か

その覚悟あってのものだと思いますが
日本のプロ野球をまずは目指して
がんばってほしかった

と言うのがオレの本音ですが
結城海斗くん本人が決めたからには
がんばれと応援したいですね^^

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA