完結ドカベン水島先生が的中させた3つの予言とは

この記事は2分で読めます

6月28日発売の週刊少年チャンピオンで
ドカベンシリーズは完結しました

46年もの長きに渡り続いてきたドカベン
実はその長い歴史の中で漫画ならではの
名、迷?場面があったのだが

実はその中のいくつかは現実の世界で
起きていたのだ!!!

水島先生は、なんと未来予言をしていた
その中の3つの予言を検証してましょう

【スポンサーリンク】

 

渡辺久信ノーヒットノーラン達成

引用元 サンスポ

テレビの企画で渡辺久信が水島先生に
訴訟するというバラエティ番組で

漫画で岩鬼にホームランを打たれたが
岩鬼には打たれない、名誉毀損だと^^

そこで損害賠償として完全試合の場面を
描くことを約束させらることに

実際に漫画の中で完全試合を描くが
その数日後に本当のプロ野球の試合で
渡辺久信はノーヒットノーランを達成

まさかの出来事!驚きの予言です^^

【スポンサーリンク】

 

松井秀喜の5打席連続敬遠

引用元 iZa

1992年夏の甲子園で物議をかもした
松井秀喜の5打席連続敬遠

しかしこの時からさかのぼること約15年
明訓山田太郎も江川学院戦で中投手から
5打席連続敬遠されるのです

特に4打席目は1点リードの満塁の場面
絶対に敬遠はありえない、勝負だ!

読者がそう思ったが、、、なんと、、
押し出しの敬遠!

漫画読んでて、ひっくり返りそうになる
そんな馬鹿なという、まさに漫画の世界
でしたね

5打席連続敬遠は松井と山田だけ
この2人が凄いバッターだったという
証明になるかもしれませんね
 

地球温暖化?夏の気温上昇までも

引用元 SO BAD! BIG TIME

ココ最近の夏の気温は連日の猛暑!
30度は当然、連日35度超えも普通
へたすりゃあ38度なんて所も

オレが子供のころには30度くらいで
30度行かない日もあったと記憶

そんなころの神奈川県夏の予選準決勝
明訓対白新戦での熱戦

熱戦に輪をかけるように気温も上昇
それも当時ではありえない34度

「なんと今の気温は34度!まだまだ
止まる気配はありません!!」と叫ぶ

実況中継のアナウンサーに漫画やけど
34度って、、やりすぎやと思っていたが

今になってみると34度って普通に当り前
これまた恐るべし水島先生^^
 

オレ流まとめ

ドラフトって言うところから見ると
山田太郎は10球団競合した

いまだかってない競合数だ
野茂、小池の8球団競合が最大なので
次の予言は10球団競合する選手が
現れる!

なんてことになるかもね^^

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA