笹川晃平(東京ガス)豪快なアーチで勝負の2年目に賭ける

この記事は2分で読めます

昨日の東京六大学選抜vs東京ガスで
東京ガスの4番・笹川晃平くんが
レフとスタンドへ豪快なアーチ!

大学卒業次にはプロ志望届けを出さず
勝負は2年後と社会人入り

今年はドラフト解禁イヤーの2年目
チームは都市対抗出場も決まって
笹川晃平くんもアピールの場に

笹川晃平くんとはどんな選手なのか
勝負の2年目はどうなるのか?
見て行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

 

笹川晃平くんとはどんな選手なのか


182cm86kgの右投げ右打ちの外野手
思い切りのよいバッティングが売り

打力に加へ走力、守備力の能力も
高い三拍子揃った選手

逆方向へも長打が打てるようになり
右打ちで長打力もあるところが
1番の魅力に感じますね。

クリンアップを打て足が有るという
勝負の2年目いよいよ花を咲かせるか
楽しみな選手です

【スポンサーリンク】

 

大学卒業次にはなぜプロ志望届けを出さなかったのか?

引用元 週刊野球太郎

U21代表に2年生の時選出され、そこで
同級生の大谷や鈴木誠也と一緒になり
プロを意識する。

しかし大谷、鈴木はスター選手に成長
それに対し笹川晃平くんはケガもあり
焦りから結果が出なくなっていった

それでも本人はプロ志望だったが
周りを納得させる結果を出しておらず
監督など周りの反対に合い断念

社会人行きを決めて、吹っ切れたのか
結果もよくなり、勝負は2年後と決め
社会人に進むことになったんですね。
 

同級生の大谷や鈴木誠也と同じ舞台に立てるのか

引用元 侍ジャパン公式サイト

都市対抗に出場も決まっていて
チームの4番として活躍することが
チームの為プラスアピールチャンス

また8月に行われるアジア競技大会の
侍ジャパン社会人代表にも選出され
ジャパンの4番として期待されています

それらに結果を残せばおのずと
ドラフト候補としての評価も上がり

いずれは、大谷や鈴木誠也とともに
ジャパンのクリンアップを打てれば
良いですね
 

オレ流まとめ

引用元 浦和学院高校硬式野球部

この2年間が回り道ではなかった
そう言える様にまずは都市対抗で
アピールして欲しいですね

右打ちの外野手で長打が打てる
コレはどの球団も欲しいところです

三拍子揃っているのは良いんですが
何かもうひとつインパクトがあると
さらにいいかと思いますね

出来れば打力、パンチ力などを
アピールできればいいかなと思いますね

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA