都市対抗で証明か社会人ナンバー1投手はホンダ齋藤友貴哉?

この記事は2分で読めます

日米野球、甲子園予選、都市対抗と
野球の試合が真っ盛りになる7月

今年も都市対抗野球が7月13日から
12日間、東京ドームで行われます

ドラフト候補の選手がたくさんいて
見どころもたくさんあります

候補の中にはホンダ齋藤友貴哉くんも
現時点で社会人投手の中では1番か?

それとも他に?この大会で
社会人ナンバー1投手は誰なのか?

齋藤友貴哉くんが証明するのか?
見て行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

 

齋藤友貴哉くんはどんなピッチャーなのか

184cm91kgの大型右腕でMAXは153キロ
高校時代は無名、大学でも3年から活躍
大学4年次にはドラフト指名漏れも

社会人では1年目から活躍するなど
着々とドラフト候補としてその地位を
築いてきている感じですね

動画を見ても感じる肘や肩の柔軟性
それがMAX153キロを生み出している
言えるかもしれないですね

【スポンサーリンク】

 

社会人ナンバー1投手を争う投手たちとは?

引用元 ウィキペディア

都市対抗にはドラフト候補が出場
その中で社会人ナンバー1投手を争う
そんな投手はこの2人では?

ともに大卒2年目ドラフト解禁イヤー

まずは高橋拓巳くん(日本生命)
都市対抗予選では敗退しましたが
大阪ガスの補強選手で出場

速球派のサウスポーで横浜桐蔭大では
齋藤友貴哉くんと2枚看板で活躍
良いライバルといった感じですね

高橋拓巳くんの記事はこちらにも

左と言えば高橋姓が活躍!高橋拓巳(日本生命)もそうなるか?

もう1人が生田目翼くん(日本通運)
大学野球選手権では準優勝と活躍も

ケガの影響などもあって社会人へ
社会人ではストレートの速さも復活
今回の都市対抗が楽しみです

生田目翼くんの記事はこちらにも

生田目翼(日本通運)に9球団視察 都市対抗活躍でプロ入りへ


 

社会人ナンバー1投手は即戦力になるのか?

引用元 かずのりのヒーローブログ

社会人ナンバー1投手ということで
ドラフト1位指名された選手で検証
してみたいと思います。

今年の田嶋や鈴木はシーズン中なので
2012年~2016年の5年間のドラ1で
見て行きたいと思い生ます。

2013年 石川(ロッテ)吉田(オリックス)
2014年 加治屋(ソフトバンク)
    柿田DeNA)竹下(ヤクルト)
2015年 横山(阪神)野村(中日)
2016年 指名なし
2017年 山岡(オリックス)

この中で1年目から10勝したのは
ロッテの石川だけと厳しい結果に

社会人ナンバー1=10勝で即戦力とは
なかなか行かないのが現実ですね
 

オレ流まとめ

引用元 アマチュア野球放浪記

社会人ナンバー1といわれても
即戦力になれるのは一握りです

そんな中でもロッテの石川のように
活躍する選手もいるわけです

齋藤友貴哉くんには、その可能性を
感じるピッチャーです。

まずは都市対抗で証明ですね^^

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA