上茶谷まさかのKOでV本命の東洋大コールド負け

この記事は2分で読めます

まさかまさかの出来事が、、、、
大学野球選手権で優勝候補筆頭の東洋大が
昨日、九産大にコールド敗戦という事態

ドラフト候補上茶谷大河くんが先発するも
まさかの3回途中で6失点で降板

リーグ戦では無敵の上茶谷大河くん
いったいどうしたのか?今後は?
そのあたりを見て行きたいと思います

【スポンサーリンク】

 

上茶谷大河くんとはどんなピッチャーなのか


181cm85kgの本格派右腕、最速は151キロ
大学3年間は7試合登板で勝ち星なし

4年春の練習試合でMAX151キロを計測
東洋大150キロトリオが誕生

春のリーグ戦は主戦梅津くんのケガもあり
10試合に登板6勝をあげMVPベストナイン
最優秀投手に選ばれる大活躍!

一躍ドラフト候補からドラフト1位候補へ
評価を大々的に上げてきたんですね

【スポンサーリンク】

 

九産大戦での上茶谷大河くんはいったいどうしたのか?

引用元 スポトウ

勝ち負けは勝負の世界なので分からない
やってみないとと言うのは当たり前だが

コールドで負けるというのは誰もが予想
していなかったし上茶谷くんが3回でKO
なんて信じられない展開でした

どうも体調が優れなかったのが原因で
試合後は病院で細菌性胃腸炎と診断

試合がある日は分かってそれに合わせて
調整するのだから、ピッチングだけでなく

体調管理もしっかりやっていかないと
いけないということですね

 

東洋大150キロトリオの今後は

引用元 ┌| ∵|┘PHさんツイッター

上茶谷くんは散々な結果でしたが
春のリーグ戦ケガで結果を残せなかった
梅津晃大くんもリリーフで4回3分の1を
4失点とこれまた結果をだせず

甲斐野央くんは登板機会なくこの大会を
終えることとなりました

もともと実力のある3人ですから
コレだけで評価が下がることはないので
今後も注目していきたいですね

梅津くんの詳細記事はこちらにも

間に合った梅津晃大(東洋大)大学野球選手権で大暴れか?

甲斐野くんの詳細記事はこちらにも

甲斐野央MAX159キロのストレートで東洋大優勝へ

オレ流まとめ

引用元 スポトウ

今回は残念な結果に終わりましたが
上茶谷大河くんは4年になり急成長

大学1.2年生のころ活躍して4年で
数字が悪くなる選手はドラフト指名順を
落とす傾向にありますが

4年になって数字が上がった選手は
伸びしろがある、使いべりしていない
などの理由でドラフト上位、1位指名
ということも多々あります

これからの活躍に注目、期待ですね

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA