間に合った梅津晃大(東洋大)大学野球選手権で大暴れか?

この記事は2分で読めます

雨で神宮の試合が中止になるなど
嵐の予感?の大学野球選手権が開幕

足のケガで春のリーグをほぼ棒に振った
梅津晃大くんですが、どうやら今大会
間に合ったようで、復活マウンドが
見れそうです。

梅津晃大くんはどんなピッチャーなのか
大学野球選手権での活躍はなるのか?
見て行きたいと思います。

【スポンサーリンク】

 

大谷2世MAX153キロ右腕 梅津晃大くんとは


187cm92kgでMAX153キロを誇る大型右腕
映像でも分かるように大谷を彷彿させる
そんなスケールの大きなピッチャーです

仙台育英高時代から注目されていたが
東洋大に進学。80kgそこそこだったが
92kgまで増やし、併せて急速もアップ

将来は160キロも夢ではないと思わせる
しかし大学では、まだ勝ち星0
どちらかと言えば素材型のピッチャー
ではないでしょうか

【スポンサーリンク】

 

気になるケガから復帰の現状は?

引用元 週刊ベースボールONLINE

春のリーグ戦中の練習試合で左足くるぶし
を打撲しその後は登板なしに終わった。

上茶谷くん甲斐野くんのがんばりで優勝
大学野球選手権に照準を合わせ復帰

7日の練習試合でも5回無失点150キロ計測
2人のがんばりに答えるためにも大暴れ
しそうな予感がぷんぷん^^

監督も「先発で行きます」と明言!
その登板が楽しみになってきましたね

 

プロの評価は?どんなタイプの投手になるのか

引用元 Yahooニュース

大谷みたいになる、なってほしい
スケールが大きくドラフト上位間違いなし
球速も将来的には160キロも狙える逸材

などなどプロの評価は大絶賛です。

タイプとしては、大谷のようなピッチャー
ストレートでぐいぐい押せるスケールの
大きな160キロ投げてくれるんでは?

そうファンに期待されるような投手に
なって行ってほしいですね

 

オレ流まとめ

引用元 週刊ベースボールONLINE

ストレートの速さ、スケールの大きさ
そこが最大の魅力ですね

ただ、まだまだ未完成の素材型の投手
そのように感じるので育成の上手下手
が梅津くんの成功の可否を握るかも

育成上手な球団にドラフト指名され
入団できるといいのではと思いますね

まずは大学野球選手権での活躍を
楽しみに見たいと思います。

【スポンサーリンク】

 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA